家づくりについて

HOME  > 家づくりについて

自分の家は自分で造る

イメージ

人まかせは後悔の種
“自分は素人だから”と、プロに家づくりを任せきりにして、
失敗した例はたくさんあります。
大金を注ぎ込む人生の一大事業です。煩わしいからと人まかせにせず、
「自分の家は自分でつくる」の気概を持って家づくりに取り組んで下さい。
後悔先に立たず・・・
後で後悔してもやり直しがきかないのが家づくりです。

イメージ

有名な建築家の設計事務所だから任せたのに・・・

  • 設計変更の依頼を簡単には応じてくれませんでした。
  • 設計料もこんなに請求されるとは思いませんでした。
  • デザインはカッコいいのに、使いにくそう
  • 冷暖房費が余分に掛かりそう

自分勝手な家づくりで家庭不和に・・・

  • 資金を出してくれる親の意見に押し切られ、自分達の意見は・・・
  • 主人が奥さんの希望を聞いてくれない。
  • 家族の話し合いが少なく、業者主体で進み、入居後も満足していない。
  • 仕事が忙しいので、家族間での打合せもそこそこに、有名ハウスメーカーに任せた結果、半年もしない内に気に入らないところが山と出てきて、家内や家族が不機嫌でまさに後悔先に立たずです。

家族の夢をかなえる家づくりは、まず、家族が心を一つにすることからスタートして下さい。そのために、家族みんなで楽しめる家づくりのアイデアをいくつかご紹介しましょう。

家族で楽しむ家づくり

    • 雑誌やHP、チラシなどで自分の気に入った写真や記事を集めておく。
    • ショールームや住宅展示場,現場見学会など見ておくのも良いでしょう。
    • 実際に新築された友人、知人にお話を聞けると参考になるでしょう。

    • 集めておいた気に入った写真や記事を家族で出し合い、自分の住みたい家のイメージを話し合う。
    • 創作趣味、コレクション、スポーツ、旅行など自分の趣味を活かした、インテリアや装飾をイメージするだけでも楽しくなりませんか。
    • 先祖から伝わる古い物や、子供の成長を示す手形などを家づくりの中に取り入れて、記憶を形にするアイディアなどもすばらしいと思います。
    • お父さん、お母さん、子供それぞれに狭くても良いですから、自由に出来る一定のスペースを与えて、各人が自分のお気に入りのスペースを考え提案しあいます。予算の範囲で実現可能なアイデアなら、是非、取り入れてみてはいかがですか。

人生80年といわれる時代です。家族の成長や老後の人生を考慮し、長いスパンで家づくりも考えて、
間取りや設計を練ってみてください。きっと、新しい発見があると思います。

着工までの流れ

マイホームノート

保健、税金、資金計画のサポート

住宅ローンの目安